ミルダンファミリー(空のお気楽日記)

東日本大震災で大きな被害を受けた、岩手県陸前高田市の小さな名ばかりペットホテルの看板犬、ラブラドールレトリバー3頭と、後期高齢者の母、そして宿泊ワンコたちのデジカメ写真や動画を紹介しています。
<< 難しい漢字の読み方 | main | 海岸復帰 >>
ひとがた

夏越大祓式のお知らせを持って奉納金300円と、
紙で作った人の形をした「ひとがた」に、
「氏名と年齢を書き、身体を撫でて息を吹き込め。」
という神主さんからの指示ですが、
家族の代表者の指名を書いて他○名としか書かない家。
年齢を記入しない家。
身体を撫でて息を吹き込まない家などなど・・・
結構いい加減な家が多いです。
まぁ、神主さんはお金が集まれば良いのだろうし、
神さまは適当に厄払いをするのかもしれない。
300円でお祓いをしたとしても、
運の悪い人はお祓いをしなかった人とは限らないだろうし、
東山の強盗殺人事件のお寺のように強盗が入ることも無いとは言えないし、
お賽銭泥棒なんて当たり前のようにあちことで起こっているような気がします。

だけど、せっかく300円出すんだから、
ちょっとの面倒は我慢して
神社の言うとおりにやったら良いと思うのだけど・・・
どうしてそれすらしないのか理解できない感じです。

いい加減な手順で奉納してもお賽銭をあげて、
拍手を打たないとか、
手を合わせて「適当によろしく〜」と祈っているようなものでは?
そういうちょっと信心深いようでいい加減なようなところが
日本的といえば日本的なのかもしれないけれど・・・

そうは言っても
田舎には信仰の自由もあるようでないようで、
お寺から多額の寄付の要求があったり、
神社から奉納の催促があったり・・・
それが内心は嫌でも
地域の習慣にあわせていかないと
円滑に生活していけないというところが未だにあるようです。
(どんど晴れ!)
 
| ミルダンファミリー | 地域 | 21:33 | comments(0) | - | - | - |









   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ アクセスランキング にほんブログ村
+ 人気ブログランキング
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE